スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
[EM・ONE] USBホスト機能を試す
ホストケーブル(miniAオス⇔Aメス)を入手したので、とりあえず接続テスト。

まずはUSBメモリだが、これはすんなりとリムーバブル・ディスクとして認識。 ファイル・エクスプローラ等を介して問題無くアクセスが可能だった。 流石にパフォーマンス的にはキツいものがあるが、ちょっとしたデータやcabファイルを転送するといった用途であれば、miniSDカードを抜き差ししたり、ActiveSyncを経由するよりも利便性は高い。

次はマウスで、こちらも基本操作のみであれば無問題。 もっとも、わざわざ有線のマウスを必要とするような機会があるかどうかは微妙だが...

そして、比較的ニーズのありそうな外付けキーボード。 こちらも認識自体に問題は無かったが、当然のように日本語レイアウトのみの対応となっているので... 英語レイアウトに拘る向き(私もだ)には、先日のBluetooth キーボードのような、独自ドライバを利用するモデルの方が都合が良いと思う。

てなわけで、現時点ではストレージ接続用としての利用がメインとなりそうな感じ。

なお、一応試してみた限りでは、USBハブ(バスパワー)を経由したキーボードとマウス、ついでにストレージの同時使用もOKだった。 それ以上は、手元に適当なデバイスが無かったので未試験だが、この辺はおそらく給電能力次第ってとこだろう。

スポンサーサイト
| 2007.04.24 | 03:18 | Mobile Devices | Comment (0) Trackback (0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。