スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
[Eee PC] Windows XP SP3 導入
予想通り、一番苦労したのは作業用ストレージ領域の捻出だったりして。

導入作業開始の時点で、Cドライブには500MB程度の空きがあったんで、もしかしたらそのままいけるかなと思ったが、甘かった。 そもそもWindows Update経由では、ダウンロードの時点でストレージを食いつぶしちゃうわけで (^^;

てなわけで、まずはネットワーク インストール パッケージをSDHCにダウンロードし、再度インストール作業と相成ったのだが... どうやらCドライブには最低でも700~800MBの空きが必要なようで、またも作業は中断。 購入時に引き続き、ストレージを整理することに。 最終的には、Office 2003のインストール先をSDHCに変更することで、作業領域を確保することが出来た。

領域を確保した後の作業は滞りなく進捗し、すんなりと導入完了。 巷で報告されているようなトラブルも無く(一応はIntel Chipだしねぇ...)、実に快適に動作している。 機能的な変化は実感できないけれど、なんとなく全体的に動作が軽くなったような印象は受けるので、導入は正解かと思う。 プラシーボの可能性も否定できないが (^^;

なお、今回の作業において、Adobe Readerのインストール先をDドライブ(SDHC)に変更できなかった点だけは、少々不満。 どうやら、Filter Driverでは誤魔化せないような認識手段を用いているようだけど...

ウィルス検出ソフトの類ならいざ知らず、無駄な実装だよねぇ...

スポンサーサイト
| 2008.05.13 | 15:26 | IT & Gadgets | Comment (0) Trackback (0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。