スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
犬と猫と目線の関係
ITmedia の記事より。

荻窪圭氏による、デジカメの活用法に関する連載記事なんだけど、今回のテーマは掲題の通り犬猫(ペット)の撮り方。 まぁ、比較的オーソドックスな手法の羅列ではあるんだが、作例ごとの差異を検証しながら解説されているので、説得力がある。 私のところにも、たまにはこういう原稿の依頼が来ないものかなぁ... (^^;

個人的なツボに入ったのは、以下の一節。
もしペットを中心に撮りたいという人に相談されたら、わたしはまずソニーのDSC-F88を勧めるだろう。 こんな超ローアングルは他のデジカメではなかなか撮れないからだ。
まさに我が意を得たりという感じ。 犬(特に大型犬)ならばともかく、猫に目線を合わせるのは大変なのである。

同じトーンで、もっと DSC-F828 をアピールしてくれる記事があってもいいと思うんだが (^^;

| 2004.09.02 | 22:45 | Photo & Camera | Comment (0) Trackback (0) |
<<TUMI Silver Tab Limited Edition | ホーム | 上遠野浩平 「ソウルドロップの幽体研究」>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/104-7e3e3d53
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。