スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
「サンダーバード」
DVD が届いたので、遅まきながら鑑賞。

既にいろいろと言われている通り、ストーリーがお子様映画的になってしまったきらいはあるが、あくまでも“救助隊”であるという作品テーマがぶれることは無かったし、作り手が見せどころ(再現どころ)を心得てくれてたんで、私的には概ね満足。 まぁ、オープニング・タイトルとメカ描写だけで嬉しくなっちゃって、他はどーでも良くなったという話もある (^^;

特に、2号の発進シークェンスはやはり感動もの。 旧来のイメージを損なわず、それでいて現代的なアレンジが施されていて、実に好み。 やっぱ、木が倒れてカタパルトが開かなきゃ2号じゃないよなぁ (^^; その分、1号の発進シークェンスが詳しく描かれなかったことや、パイロットが乗り込む際の仕組みが省略されていたことは残念だが... その辺は次回作(あるのか?)に期待。

尚、余談ではあるが、この2号型スペシャル・ボックスというのは想像以上に大きいので、購入を考えている向きは注意されたし。 私のように、実物を確認せずに amazon で注文しちゃったりすると、間違いなく置き場所に困る羽目になると思われ。

...天井から吊るすしかないかなぁ (^^;

| 2004.12.03 | 18:12 | Audio & Visual | Comment (0) Trackback (0) |
<<島本和彦 「マグマ大使 地上最大のロケット人間の巻」 | ホーム | Microsoft Windows XP Embedded>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/154-f49af908
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。