スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
野尻抱介 「太陽の簒奪者」 (文庫版)
女房が文庫版を読了 (^^;

もちろん、私はJコレ版で読了済みなんだけど、女房が言うには、本編での感動を後書きが台無しにしてくれたとのことなので、とりあえず確認してみたところ... 原因は(作者本人による)後書きではなく、解説の方だったらしい。

まぁ、ライトノベルの読者も取り込みたいからこその文庫化なんだろーが、だったら谷川流によるパートはともかく、この人に12ページも任せちゃいかんでしょ。 こんなん、昔ながらのSF選民思想主義者なら別だけど、今時の読者には見向きもされないよ?

少なくとも、文庫で640円も取るんだから、そこに12ページを追加して出版することの意味(コスト意識)を持てないようなら、ハヤカワに未来は無い。 その点に関しては、電撃の方が遥かに上かと思う。

| 2005.05.22 | 00:34 | Books & Comics | Comment (0) Trackback (0) |
<<化野燐 「蠱猫」 & 「白澤」 | ホーム | 豪屋大介 「デビル17 (5) 鮮血の学園祭 (上)」>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/241-ba763364
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。