スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
熱暴走... ?
...とは言ってもPCではなく、HDD/DVDビデオデッキの話。

愛用している東芝RD-XS41のHDD容量が心許なくなって来たんで、一部データをDVD-Rに移そうとしたところで突然トラブルが発生。 コンテンツのダビングまでは恙無く終了するのだが、ファイナライズの段階でメニュー用サムネイルの作成に失敗し、当該ディスクがおシャカになるという事象が頻発した。 これが、1~2回ならメディアの不良で済む話なのかも知れないが、5枚連続で失敗となると洒落にならない。 さてどうしたものかと情報を求めググってみたところ... かろうじて同じような事象に遭遇された方のエントリを発見。 どうやら、熱が籠もっている事が原因で、DVDドライブが誤作動しているらしい。

...言われてみれば、拙宅でもデッキの上にWOWOWのチューナーを直置きで、通気性最悪だったっけ...

てなわけで、とりあえずスペーサーをかまして若干ながらも通気性を向上させ、冷凍庫の中に放置されていた保冷材をDVDスロットの直上に載っけてみたところ... 正常に動作した (^^;

まぁ、HDD/DVDビデオデッキの中身はPCと変わらんという事実は認識していたつもりだったんだけど、まさかホントにこーいうトラブルに遭うとはねぇ... しばらくの間、保冷材は捨てられないなぁ (^^;
------------------------------

16:30 追記

うまくいったかと思ったのも束の間、油断しているとあっという間に保冷材は溶けきり、またもエラーが再発。 こりゃぁもっと根本的な対策が必要(保冷材の補給が間に合わない...)な感じ。

ちなみに、エラーが発生したディスクをよく見ると焼き跡が妙に薄い上に、デッキが新規メディアとして誤認識するケースも散見されるんで、過加熱を防止するために書き込み時の出力が抑えられている(あるいはドライブが逝っちゃってるか、だよなぁ...)のが原因ではないかと推察。 とりあえず、その辺に転がっているPentium II用のヒートシンクを並べて、小型の扇風機でも設置してみることにしよう (^^;

しかし、この分だと水冷式のビデオデッキが登場するのもそう遠い未来ではなさそうだな... (^^;


2005-7-5 00:10 再追記

昨夜は比較的涼しかったので、それでもマメに保冷材を交換しながら試してみたが、結果は3勝2敗。 特にラストの1枚は、ファイナライズ処理が正常終了したにも拘らず、再生の段になってメニュー情報が書き込まれていないという反応が返ってくるという... で、もちろん再度ファイナライズしても、まともになるわきゃぁない (^^; ってことは、やはり書き込み時のトラブルと判断せざるを得ないよなぁ...

問題は、それでも作成が成功したディスクを信用して、HDDから削除出来るかどうかということなんだが... とてもそんな度胸は無い orz

| 2005.07.03 | 14:02 | Audio & Visual | Comment (0) Trackback (0) |
<<とりあえず... | ホーム | 「ウルトラマンマックス」>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/284-039d5b4f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。