スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
茅田砂胡 「クラッシュ・ブレイズ ヴェロニカの嵐」
法廷ドラマかと思ったら、なぜか森林サバイバルが中心だったシリーズ3作(実質35作)目。 テーマ的には、自分が生きていくための行動基準、ルールとか自己規範といったものの異なる者同士が、どう折り合いをつけていくのかといった部分がメインで、リィやシェラと他の学生との間、ルウとダンとの間など、様々な形での対比が行われる。 更には、そこに宗教的戒律を絡めていくわけで... 実に読ませる。 結局、買ってきたその日のうちに読了してしまった。

まぁ、リィのスタンスはハードボイルドそのものなので、その辺を熟知した(今まで読んできた)人にとっては、ラストまで含めて全て予定調和の範囲内と言えるかもしれないけど (^^;

| 2005.07.24 | 16:57 | Books & Comics | Comment (0) Trackback (0) |
<<山本正之 「J9 ETERNAL SPECIAL」 | ホーム | [渋谷] OUTBACK Grill>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/302-feea6622
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。