スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
「バス停くん田舎へ帰る 」
...と言っても、知らない人の方が多いとは思うんだが (^^;

20年ほど前に放送されていた「どきんちょ!ネムリン」という特撮(?)番組の中の1エピソード(第10話)である。 この作品、現在東映チャンネルで再放送中なんだけど、ちょうど昨夜の放送分がこの回だったりしたわけで。 実のところ、私自身も20年ぶりの再見なんだが、あまりのシュールさに呆れていたりする (^^;

プロットは、都会での生活に疲れた「バス停」がノイローゼになり、職場放棄を繰り返した挙句に最後は都会を離れ、田舎で案山子として再出発するという話(言葉で言われても想像できないだろうなぁ...)なんだが、途中に挟まれる、駅のホーム上に佇む「バス停」とか、リストラに悲観して飛び込み/入水/焼身自殺を試みる「バス停」といったシーンには呆気にとられるばかり。 ホント、この時代の浦沢義雄脚本ってのはぶっ飛んでいる。 確か、この後もトンデモないエピソードが連発だったんだよなぁ...

残念ながらビデオ/DVDの類は発売されていないんだけど、視聴環境がある方は、是非とも観てみて欲しいと思う。 この手の番組を観る目が変わること請け合いだから。 もっとも、ヘンな道に嵌りこむ可能性も大だけど (^^;

| 2005.10.11 | 02:31 | Audio & Visual | Comment (0) Trackback (0) |
<<[表参道] ICHIZ | ホーム | CD 「ヒデタ樹 スーパー・ベスト」>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/351-71f332c9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。