スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
朝日新聞社内で乱闘事件
ZAKZAKの記事より。

原因は、小泉首相の靖国神社参拝を巡る世論アンケートの結果に対する解釈を巡って、ということなんだが... 全治10日の、れっきとした傷害事件であるにも関わらず、「被害が軽微」と言い切る根性は立派。 で、その「解釈」とやらが...
結果は「よかった」が42%、「するべきではなかった」が41%とほぼ拮抗(きっこう)。 関係者によると、この微妙な解釈をめぐって大ゲンカとなったという。

「するべきではなかった」という人の85%が「政府は中韓の反発を重く受け止めるべきだ」と答えたことから、記事中では「周辺国への配慮を重視する意見の強いことが改めて示された」と表現。
回答者の41%の中の85%、つまり34.85%の意見を世論の中心としたわけだな。 さすがである。

願わくば、今回の事件が上記のような報道姿勢を憂いている社員の存在(暴行した側だったりしたら、それはそれで問題だが)によるものであらんことを。
------------------------------

2005-10-22 12:11 追記

私は、乱闘に至った対立軸が「報道のスタンス」にあると勝手に解釈(笑)してしまったわけだが、こちらの方が書かれているように、42% vs 41%という数字そのものが原因だったら、さらに情けなさが増す。 マジで、ガキの喧嘩 (^^;

| 2005.10.21 | 22:30 | Politics | Comment (0) Trackback (0) |
<<フレドリック・ブラウン 「さあ、気ちがいになりなさい」 | ホーム | HP Compaq tc4200 Tablet PC>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/361-b2575131
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。