スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
W-ZERO3に触ってきた
ちょっと時間が空いたので、東京ビッグサイトで開催中のWPC EXPO 2005に赴き、今回の目玉とも言える(ってか、他には見るべきものが殆ど無かった)W-ZERO3の実機を見物してきた。 さすがにサンプル機の前は人だらけで、試用も1人3分までと制限(守っていないヤツも多かったけどね)されていたが、それなりに使い勝手は実感できた。 で、以下は個人的な感想。

まずは気になっていた筐体のサイズだが、これについては想像していたほどには大きく(分厚く)無いという感じ。 むしろ、それなりの厚みが、両手親指でキーボードを操作する際のホールド感を向上させている印象。 ただし、電話機として見た場合のバランスは問題外(そもそもタッチパネル部分に顔をあてるのには抵抗がある)なんで、やはり通話にはTinyTalk(こちらも実機を触ってきたが、なかなかにCoolである)あるいはケータイを併用するほうが現実的かと思う。

画面の解像度やタッチパネルの感触は良好で、純粋なPDAとしても合格点(当たり前だ)。 これで、英語レイアウトのキーボードも用意してくれれば尚良いのだが... さすがにそれは望み過ぎか (^^;

内蔵のカメラについては、133万画素というのはblogへのアップロードを上限に考えるのならば妥当な解像度なのだろうが、やはりオマケ程度に考えたほうが無難。 個人的にはまるっきり不要。

で、全体的なバランスとしては、やや機能を詰め込みすぎの感があるものの、とりあえず購入しても損はないかな、という感じ(まぁ、買っちゃうだろうなぁ...)。 今後、各種ニーズに特化した形でバリエーション展開を行ってくれることに期待。 私なんぞは、PDAに入力機能は殆ど期待しない人なので、通話機能とカメラとキーボードを取っ払って、単にW-SIM対応のPDAと化した軽量モデルがあれば、むしろその方が好みかもしれない (^^;

| 2005.10.28 | 20:14 | Mobile Devices | Comment (0) Trackback (0) |
<<WPC EXPOで一番ウケた製品 | ホーム | 正直な営業トーク (^^;>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/368-08a4e457
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。