スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
上遠野浩平 「メモリアノイズの流転現象」
同じく部屋に積みっぱなしだったロボット探偵シリーズ(違うって)の2作目をようやく読了。

前作を読んだ際に“新たな「ブギーポップ」という趣き”と書いたんだけど、あえて言い直すならば、アダルトな「ブギーポップ」と呼ぶのが妥当か。 なんつーか、本家におけるテーマが若さゆえの悩み(あるいは自分探し)にあるのに対し、こちらは過去の清算といった部分に重きが置かれているせいで、余計にそう感じるわけだが。 まぁ、この方向性はレーベル的にも妥当な配分だろうけど... 読むやつは両方読むだろうから、意味が無いような気もする (^^;

ちなみに、案の定というか、作品世界は本作でもろにリンクしてしまったのであった。

| 2006.01.13 | 01:31 | Books & Comics | Comment (0) Trackback (0) |
<<DVD 「緯度0大作戦」 | ホーム | 999.9 (フォーナインズ) S-311T>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/422-e862a352
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。