スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
VAIO VGN-UX90S 到着
英語キーボードを選んだ影響もあってか、発売から10日余りを経た6月7日に納品。 ただ、先週中はイジる時間も取れなかったので、週末を待ってカスタマイズ&チューニングに着手。

まずはいつものパターンで、OSのクリーン・インストールから。 実のところ、少々特殊な構成の機器(VAIOの場合は当たり前のことだが)なので、不要なアプリをアンインストールするに留めることも検討したのだが... あまりに煩雑なスタートメニューを眺めているうちに、破壊衝動のほうが優った (^^; ちなみに、マニュアルによると純正ドライブ(よりによって、潰しの利かないi.Link接続だ)以外でのリカバリ/ブートは不可ということになっているが、手持ちのUSB接続ドライブ(HP compaq nc4000に付属してきた純正で、中身はTEAC)を接続し、F11キーを押下したところ、あっさりとCDブートに成功。 まぁ、所詮はPhoenixということで (^^;

で、ライセンスの浮いていた英語版のWindows XP Home Editionをインストール。 わざわざ英語版を選んだ理由は、画面が小サイズの場合には日本語よりもアルファベットのほうが判別しやすいケースが多々あるため。 まぁ、瑣末なところではカタカナの「スタート」があまり好きではないという理由もあったりする。

約1時間後、OSのインストールは恙無く終了し、リージョン関係をセッティングして日本語利用環境を整え、各種パッチもあてて... デバイスドライバの導入というところでトラブル発生。 リカバリ・ディスクから順次インストールを進めるものの、なぜかオーディオ・デバイスのドライバだけが(モジュールの依存関係からか)一向に導入できない。 仕方ないのでとりあえず後回しにして、最後の最後に再トライしたものの、インストーラは正常終了したにもかかわらず、ドライバは認識されないという状況。 さてどうしたものかと悩むこと数分(短っ)、REALTEKのサイトに赴いて該当するドライバを探し出し、無事にインストール完了。 やっぱ、案ずるより生むが易し、が正解 (^^; ちなみに、ここにはWindows Vista ベータ版用のドライバもアップされているので、Type UでVistaを試そうなどと考える数奇者は訪れてみるとよいかも。

その後、Microsoft Officeと常用アプリをインストールし、メールアカウントをセッティングしたところで、現在は試用モード。 結局、付属のユーティリティは一切入れていなかったりする (^^;

| 2006.06.11 | 15:24 | IT & Gadgets | Comment (0) Trackback (0) |
<<谷川流 「ボクのセカイをまもるヒト 2」 | ホーム | マシン環境を再構築>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/509-00941f50
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。