スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
Patrick Macias 「オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史」
アメリカにおける、オタク文化流入の黎明期における不幸(笑)な出来事の数々と、その後の隆盛とを軽妙な語り口で紹介した本。 「フィギュア王」や「映画秘宝」における連載から再編集されたものとのことだが、外国人にありがちな日本文化に対する勘違いも無く、むしろ空恐ろしくなるくらいに濃いぃ内容だったりする。

まさか、米国人が「宇宙猿人ゴリ」のダストマンや「宇宙戦艦ヤマト 完結編」におけるXXXシーン、ましてや「宇宙からのメッセージ」について語る文章を読むような日がこようとはねぇ... (^^;

| 2006.08.09 | 10:59 | Books & Comics | Comment (1) Trackback (0) |
<<大規模停電... | ホーム | 筒井康隆 「最後の喫煙者」>>
コメント
TBさせていただきました
オタク的な世界に疎いもんで、読み進むごとにただただ感心してしまいました。
by:タウム | URL | 2007.04.12 21:49 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/539-fc6ae777
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。