スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
子猫殺し作家
各所で話題になっている坂東眞砂子女史のエッセイだが... 拙宅のストッカーに残っていたので、とりあえず読んでみた。

正直、子猫を殺すことが出来る人間の気持ちなど理解りたくもないし、嫌悪感の方が先に立っちゃうんだが... この内容を翻案するだけで、自分が立派なホラー小説の主人公になれるってことに本人は気づいてるんだろーか?

これ、文中の「猫」を「人間」に置き換えれば、まんまPKDの名作「まだ人間じゃない」の世界だぞ。

| 2006.08.24 | 13:55 | Misc. | Comment (0) Trackback (0) |
<<「表現の自由」と「思想の押し付け」を混同するな | ホーム | 鈴木ジュリエッタ 「カラクリオデット 1」>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/548-1320f0a9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。