スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
法律を行動の基準とする情けなさ
なんつーか... ここ数日、ホリエモンとか村上ファンドとかひろゆきとかにまつわるニュースを連荘で見るにつけ、脳裏に浮かぶのは表題のような文言だったりする。

そもそも法律ってのは、それに違反したなら懲罰を加えなければならないという、言うなれば最低限のレベルで「やってはいけない事」を示しているに過ぎないわけで。 当然ながら、本来の人間が「やるべきでない事」ってのの境界線は、もっと上のほうにあるはずで、ついでに言えば「やってもいい事」や「やるべき事」ってのは、更にその上のレベルにあるもののはずなんだよね。

私なんぞは、むしろ「法律に反しないけど悪い事」をする人間よりも、「法律に反するかもしれないけど良い事」が出来る人間でありたいと思うけどなぁ...

とは言え、あんまマジなエントリになってもアレなんで、ヲタ向けネタに落とすなら...

「法には触れるが正義は守る者」
(松本久志 「特捜サイコップ」 より)

くらいが私の理想ということで。 えっ、誰も知らないって? (^^;

| 2007.03.21 | 00:16 | Misc. | Comment (0) Trackback (0) |
<<デュアル・ブート環境でのメール共有 | ホーム | PASMO導入>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/625-e1c2e222
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。