スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
大野雄二トリオ ライブ
昨夜は、二子玉川のアレーナホールにて行われたライブを堪能。

ステージは約20分間の休憩を挟んだ2部構成。 前半は5月にリリースされた新譜のナンバー中心で、スタンダードである「Fly Me To The Moon」(今や別の意味で“スタンダード”と化している)を皮切りに、「ゼニガタ・ロック」といったメジャー曲を交えて「愛のバラード」(これがまた渋い!)で締め。 後半は“ルパン”系の「ラヴ・スコール」や、私も着メロに使用している「サンバ・テンペラード」といった名曲に加えて、以前のライブでリクエストが多かったという「シークレット・デザイアー」(!)まで披露。 四半世紀以上(笑)に渡る大野雄二ファンとして、実に至福の2時間余であった。

まぁ、それでも一番印象に残ったのが、アンコールの「炎のたからもの」であるあたりが、自身のトラウマの深さを物語っているような気もするが... 次の機会には、是非とも My Favorite である「おいらは淋しいスペースマン」を聴かせていただきたいものである (^^;

尚、ライブ中に告知されたところでは、近々「ルパン三世 ジャズノート & DVD」という書籍が発売されるそうである。 嬉しい事に、今回演奏された「炎のたからもの」を含め、ソロ演奏が10曲ほど収録された DVD が添付されるとの事。 必読(聴)!

| 2004.07.24 | 01:38 | Audio & Visual | Comment (0) Trackback (0) |
<<ラッシュ時の混雑率ワースト1 | ホーム | [三軒茶屋] カレーレストラン チャナ>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/85-722ba505
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。