スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
[仙台] 炭火焼・山塞料理 地雷也
炭火焼・山塞料理 地雷也8日~10日は仕事(+プチ・レジャー)で仙台へ。

実は現地に到着するまで知らなかったのだが、8日は有名な七夕まつりの最終日ってことで、街中は凄まじい混雑状態。 なにがスゴいって、駅構内の“牛タン通り”の各店はもとより、目に付く牛タン屋のことごとくが、午前中から行列必至という... もっとも、牛タン以外の飲食店の状況は悲惨なもので、“利久”の隣に位置するイタメシ屋なぞでは、女性店員が行列に向かって客引きに励んでいた (^^;

そんな状況だったんで、夕餉時になっても混雑が解消されるはずもなく、晩酌場所の選択に困る羽目になった。 で、ネットでの検索結果を頼りに落ち着いたのがこの店。 後になって聞いた話では、地元ではそこそこ有名な店らしい。

ウリはもちろん炭火焼で、各種魚類(今回は柳鰈を食したが“きんき”が名物らしい)や(鶏の)半羽焼きなど、どれも美味。 また刺身も充実しており、旬の“がぜうに”を始めとして様々な酒肴を堪能させてもらった。 ただ、酒の品揃えだけは少々好みからハズれていたのが残念。 これで、もう少し濃い口の日本酒さえ置いてあれば、もろに好みだったんだが。

この店に限らず、仙台の店で呑む場合、辛口(特に越後系)の日本酒に当たるケースが多いような気がする。 単に巡り合わせが悪いだけなのかもしれんけど。

まぁ、宮城といえば極辛の“雪の松島”を生んだ土地柄だからなぁ... とか言って、勝手に納得してたりもするんだが (^^;

| 2004.08.11 | 02:50 | Liquor & Gourmet | Comment (0) Trackback (0) |
<<MURAMASA PC-MM1-H1W 復活 | ホーム | SONY サイバーショット DSC-F88>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL(言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://izukane.blog83.fc2.com/tb.php/88-9c1e8ed1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。