スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
[三軒茶屋] 本日の SparKey
最近、ビール+食事 ~ スピリッツ+酒肴の一気通貫で、なんとなく利用が増えていたりする (^^;

昨夜も、女房が不在ということもあって、夕食がてらに呑み。 ちなみに、オーダーは以下のような感じ。
  • とりあえず Bass Pale Ale を 1 pint
  • 食前酒(?)として Manhattan を Old Bottle の Cinzano Rosso で 1杯
  • Laphroaig (Exclusive Malt の 2006年ボトリング)をストレートで 2ショット
  • デザート代わり(?)に Daiquiri を Bacardi Dark Rum ベースで 1杯
んで、酒肴はチーズの燻製と、スライスしたアイスバイン。 てなわけで、いまだに極楽気分... ⊂(″ー゛)⊃

この秋より、燻製メニューの充実を試みるそうなんで、そーいうのが好きな人には絶対のお勧め (^^)

| 2006.09.09 | 02:42 | 三軒茶屋 | Comment (0) Trackback (0) |
[三軒茶屋] 串かつ ラブル
串かつ ラブル先日オープンしたばかりの、LOVEL DININGの系列店(場所も斜向い)。 意表を衝かれたことに、東京圏にもよくある串揚げ系ではなく、ましてや大阪(二度浸け禁止)系でもない、名古屋系(?)の串かつ料理店だったりする。 ウリは、ソースまたは味噌ダレで食す細身の串かつ(1本100円、5本から)と、味噌煮込み系のおでん(玉子、大根、里芋、etc)。 串焼きメニューも少々あり。

串かつは思いのほかあっさりとしており、5本や10本はあっという間に平らげることが出来ちゃうほど。 おでん(特に牛すじ)も良く煮込まれており、酒肴には最適な味わい。 ただ、いつものパターンで、酒類の品揃えだけは今一つなんだよなぁ...

〆には上記の牛すじを載せた丼メシも用意されているので、食事中心で訪れてみるのも吉かも。

| 2006.05.28 | 00:31 | 三軒茶屋 | Comment (0) Trackback (0) |
[三軒茶屋] おでん・炭焼 あべや
おでん・炭焼 あべや久々の三茶ネタ。 昨日の晩酌場所で、店名通りのおでんと炭火焼き、それに加えて気の利いた小料理が魅力の居酒屋

特に、関西風に味付けされた“おでん”や“牛とろすじ煮込み”、それに“もつ煮込み”は絶品で、赴くたびにオーダーしていたりする。 また、焼酎や日本酒の品揃えもまずまずで、獺祭や黒龍の純米大吟醸クラスまで(少々割高ではあるが)常備されているのが有難い。 もちろん、リーズナブルな酒もある (^^;

小ぢんまりとした店舗で居心地も良いので、JYUではちょっと落ち着かないが、だいこんやでは気取りすぎといった層にはおススメ。 一人で呑むにも良いと思う。

| 2006.01.20 | 21:20 | 三軒茶屋 | Comment (0) Trackback (0) |
[三軒茶屋] 炭焼きジンギスカン カムイ
炭焼きジンギスカン カムイ本日の晩餐場所、「あきら」の跡地(すなわち「ヤマダモンゴル」の真向かい)に先月オープンした、三軒茶屋では4軒目のジンギスカン専門店(短期間に随分と増えたなぁ...)。 このエントリを書くために初めて店名でググってみたが、既に数点の店舗を持つチェーン(フランチャイズ)だったらしい。

特徴は、最近のジンギスカン店で流行りの生ラムではなく、あえてマトンを使用していること。 これが思いのほか臭みも少なく、むしろ余分な脂が少ないため、実にヘルシーに食せる。 歯応えがしっかりしていて、肉本来の旨味が感じられるのも赤身好きには嬉しいところ。 タレは醤油系と塩系の2種類が供されるが、どちらもあっさり目で肉との相性も良い。

今後「ヤマダモンゴル」との集客争いがどのように転ぶかはわからないが、少なくとも私の好みでは、こちらの方が数段上。 当面は、脂味が欲しいときには「羊々」で、あっさり目に肉を喰いたい時には「カムイ」という感じで通うことになるかと思う。

| 2005.12.05 | 22:50 | 三軒茶屋 | Comment (0) Trackback (0) |
[三軒茶屋] ヤマダモンゴル
ヤマダモンゴル昨日の晩餐場所、今月16日に開店したばかりの、三軒茶屋では3軒目のジンギスカン店(フランチャイズ)。

使用している肉は生ラムで、ショルダー/レッグ/ロースと3種類の部位(+ソーセージ)を揃えているのがウリ。 さっぱり目が好みならレッグ、肉汁が強いほうがよければロースと、好みに合わせて選択出来るのは有難い。 ただ、三茶の既存店とは異なりスリット付きの鍋を使用しているために火の通りが早く、特にもやし等の野菜類はうまく脂がからむ前に焼き上がってしまい、魅力半減。 七輪(炭火)利用なので、組み合わせとしては正しいし、余分な脂を落として食したい向きには都合が良いのだろうが... 個人的にはスリット無しで焼いた方が好み。 値段的にも大差は無いようなんで、これなら私は羊々を選ぶな。

ちなみに、酒の品揃えは完全に居酒屋チェーンのノリ。 なんでジンギスカン店っていうのは、どこもかしこも酒の味には無頓着なんだろうねぇ... orz

| 2005.09.28 | 08:06 | 三軒茶屋 | Comment (0) Trackback (0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。