スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --.--.-- | --:-- | スポンサー広告 |
次はイタリア抜きで... (^^;
切込隊長経由で、こちらのページへ。 う~む、なんか異様に欲しいぞ。 着る機会が思いつかないけど (^^;

思い起こせば20年以上も前、高校時代から続くサークル活動の一環で「今度はイタリア抜き」というタイトルの同人誌(不謹慎ネタオンリーのコピー誌)を企画し、某即売会で販売したことがあるという過去も、今となっては笑い話である (^^;
続きを読む
| 2006.11.04 | 10:12 | Fashion | Comment (0) Trackback (0) |
DRIZA-BONE 新宿店に赴く
DRIZA-BONE 新宿店DRIZA-BONE(ドライザボーン)というのは、まだまだ知名度は低いと思うけれど、今年に入ってから日本に上陸したオーストラリア発のアパレル・ブランド。 たまたま春先にグランベリーモールで遭遇した際に、定番商品であるラガーシャツを気に入ってしまい、以後ちょくちょく南町田まで通う羽目になっていたのだが... 有難いことに新宿南口にフラッグシップ・ストアがオープンしたということで、早速赴いてみた。 これで、わざわざ南町田まで行かずとも済むことになるのが有難い。 もっとも、三軒茶屋からだと所要時間自体に大差は無かったりするんだけど (^^;

ちなみに、テイストはブリティッシュ・カントリーとアメリカン・アウトドアとの折衷といった趣。 件のラガーシャツはカラーバリエーションも豊富だし、吊り織りによるコットン地は実に丈夫で、洗う度に風合いが増してくるのが心地良い。

なお、ブランドのルーツはオイルスキン地のコートということなのだけれど、これはさすがに電車通勤の身では着用しづらいかも。 実際、ラッシュ時にはゴムびきのマッキントッシュですら周囲から嫌な顔されるもんねぇ (^^;

| 2006.10.15 | 01:48 | Fashion | Comment (0) Trackback (0) |
[京都・嵐山] 一澤信三郎帆布
一澤信三郎帆布お家騒動のお蔭で知名度が全国区になってしまった帆布製バッグメーカー。 先週6日に旧スタッフによる仮店舗がオープンという話だったので、大阪出張のついでに足を伸ばしてみたが... 雨の平日の昼間という条件にも関わらず、路上には入店待ちの列。 それでも一応入店はしてみたものの、めぼしい商品は殆ど品切れで、定番のトートくらいしか残っていなかったため、結局は何も買わずに退出。 そんな状況でも、何色ものバッグを購入していくオバサマ方の姿は、私にはちょっと理解不能。 確かに、ツクりは良いと思うけど... 身近なところでは、連続用紙の持ち帰り位しかニーズが無さそうだし (^^;

とりあえず、もうちょっと落ち着いてから、再訪してみることにしよう。

| 2006.04.11 | 18:55 | Fashion | Comment (0) Trackback (0) |
999.9 (フォーナインズ) S-311T
デスクワーク用(老眼鏡代わり、とも言う)にS-524T誂えた後、そのかけ心地の良さから、あらためて普段使い(中距離向けセッティング)用のS-306Tを購入したまでは良かったのだが... いつもの(サングラス購入時の)クセが出て金フレームにアンバーのレンズという組み合わせにしてしまったため、カジュアルならばともかくスーツ姿の際には怪しさ爆発という結果に。 特にダークスーツ着用の場合は、自分で言うのもなんだが絶対に堅気には見えない (^^;

間が悪いことに、新年早々から少々真っ当な訪問先が増えそうな気配(普段の仕事相手が真っ当ではないという意味ではない、為念)でもあるため、スーツ着用時に合わせて真面目さ50%アップ(当社比)が期待できそうなS-311Tを追加で誂えることにした。 今回はブラウンのメタルフレームをチョイスしたので、そのシルエットとも相まって遠目にはセルフレームに見えそうなほどにカタいデザインである。 これなら、メーカー系相手の仕事でもオッケー、のはず。 予定外の出費ではあるが、背に腹は代えられない。

しかし、メガネっていうのは、いざかけ始めてみると未装着時の違和感が強くなるもんだねぇ... 生まれてこのかた一度もかけたことが無かったのに、まさか半年足らずの間に3組も作ることになろうとは夢にも思わなかった (^^;
続きを読む
| 2006.01.12 | 02:00 | Fashion | Comment (0) Trackback (0) |
RED WING #8875
RED WING アイリッシュセッター #8875先のエントリーに書いた通り、PDCの会場内はやたらに寒い上に、ランチの質が少々アレなもので、3日目の昼食はホテル近辺まで戻って摂る事にした。 ついでに気分転換がてらの市内見物をということで、会場からホテルのあるLittle Tokyoまで歩いてみる(のんびり歩いて1時間弱くらい)ことにしたまでは良かったのだが... 途中で日本から履いていったスニーカーが潰れてしまうという予想外の事態が発生(汗) モノは年季の入ったNIKE AIR MAX 95(ホワイトレザー)だったのだが、リア・ソールのエアがパンクしてしまい、どうにも歩きづらい。 以前も、この状態で履いていてソールが裂けたことがあった(思えばAIR MAXを履き潰すのも3足目だ)しなぁ... ということで、さてどうしたものかと周囲を見渡していたところ、New Otani近くにでかでかとRED WINGの看板を発見。 これも緊急避難だと自分を納得させながら、いそいそと店内へ。 で、さすがに間に合わせで買うようなレベルの靴ではないので、店員と相談しながら長く使えそうなシロモノを吟味した結果、ど定番の#8875をチョイスすることにした。 ああ、なんて保守的な私 (^^;

しかし、ホテルに戻ってからネットで値段の相場を調べてみて愕然。 最近は、むしろ日本で買ったほうが安い(もちろん並行輸入品の場合)くらいなのね... orz

| 2005.09.16 | 20:56 | Fashion | Comment (0) Trackback (0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。